京都・仁和寺「経蔵」【重要文化財】

スポンサードリンク

京都・仁和寺「経蔵」【重要文化財】

造営年

不明

再建年

1641(寛永18年)から1645年(正保元年)

建築様式(造り)

方形造

大きさ

四辺:約7メートル

屋根の造り

本瓦葺

重要文化財指定年月日

1973年(明治41年)6月2日

京都・仁和寺「経蔵」の読み方

仁和寺の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像や堂舎がありますが、経蔵は「きょうぞう」と読みます。

経蔵とは?「経蔵の役割」

経蔵とは「一切経」と呼ばれる経典(お経)を収納しておく倉庫です。

一切経とは仏教の根本となる考え(思想)記された経典であり、数も膨大にあります。

日本中には様々な宗派の寺院がありますが、境内に経蔵がある寺院であれば内部には一切経を収納しておくための棚があります。

仁和寺の経蔵の中央には「八角形の回転式の輪蔵(りんぞう)」と言うクソでかいお経を収納する経函(きょうかん/=棚)があり、ここに6323巻もの膨大な密教経典が収められています。

八角輪蔵のそれぞれの面は96個もの棚があり、8面合わせて合計768個もの棚があります。

これらの棚に収められた経典(一切経)はかつての天台宗の座主、天海大僧正(南光坊天海)直伝の一切経だと伝わっています。

輪蔵を回すと・・まさか?!

この輪蔵を押して回転させることで、輪蔵に収められているすべての経典を読経したのと同じだけの功徳を得られると云われております。

クソほど楽して功徳を得たい方は、力尽きるまで回転させまくりましょう!

ただし、仁和寺の経蔵は回転させることができなくなっています。残念無念!

ちなみに輪蔵も経蔵がある寺院であれば、概ね中央に設置されています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






京都・仁和寺「経蔵」の歴史・由来

この経蔵の創建時期は定かではありませんが、現在見ることができる仁和寺の寺観は江戸初期(寛永期)の大再建工事の末に成立した伽藍になります。

その大再建の折、工事の指揮を執ったのが「顕証(けんしょう)」と言う僧侶であり、この顕証の発願によって経蔵も新たに造営されています。

当時、仁和寺には膨大な数の密教経典が現存していたようで、これらを整理して後世に語り継ぐために発願に至ったとのことです。

京都・仁和寺「経蔵」の建築様式(造り)・特徴

この経蔵が重要文化財指定を受ける理由は分かりませんが、江戸期の堂舎の特徴を色濃く残す堂舎です。

おそらく仁和寺境内の諸堂の中でも、経蔵ほど江戸期の特色の多く残す堂舎はないと思われます。

まず、パっと視界に入ってくるのが、正面両脇の緑が映える「火灯窓(かとうまど)」です。”花頭窓”とも書かれますが、正式ではありません。火灯窓はおおむね扉を挟んで左右に1枚ずつの合計2枚設けられることが多く、火頭窓が設けられた堂舎にはおおむね内部に仏像が祀られています。

その花頭窓の間には框(かまち)付きの桟唐戸(さんからど)が見えます。

共に禅宗様の代表的な特徴であり、特徴だけで言えば同じ江戸期再建の門跡寺院でもある日光山輪王寺の堂舎を見ているかのようです。

その他、細部に目を凝らせば例えば桟唐戸の両脇の円柱の柱などは中央から上下にかけて微妙に傾斜があり、これは法隆寺の堂舎にみることができるエンタシスの技法が用いられています。

同様に禅宗様を表す特徴であり、全体的に禅宗様で統一された堂舎と言えます。

経蔵の内部

経蔵の内部の壁面は極彩色で八大菩薩などの仏画が描かれています。

その他、中央の八角輪蔵の周囲には数体の仏像が安置されています。

通常、この経蔵の扉は閉じられ内部拝観することは叶いませんが、例年、春と秋に特別一般公開され内部拝観することができます。

※特別一般公開の日程、時間、拝観料金などは変更になる場合がありますので、公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。

仁和寺・経蔵「春の特別拝観」の料金・時間・期間(日程)

期間(日程):4月下旬から5月上旬(GW最終日頃まで)

拝観可能時間:9時から16時まで

特別拝観料金:600円(経蔵のみの日は300円)

特別拝観期間中の定休日:無休

問い合わせ先:仁和寺(http://www.ninnaji.or.jp/visit.html

仁和寺・経蔵「秋の特別拝観(京都非公開文化財特別公開)」の料金・時間・日程

期間(日程):10月1日頃から11月下旬頃もしくは1月下旬まで※年によって変わる

拝観可能時間:10時から16時まで

特別拝観料金:大人800円、中高生400円

特別拝観期間中の定休日:無休

問い合わせ先:075-754-0120(京都古文化保存協会)

京都・仁和寺「経蔵」の場所

経蔵は九所明神を向かい見て左奥、五重塔の奥に位置します。

緑色の花頭窓が目印の堂舎です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ