京都 龍安寺の御朱印帳袋の「種類・値段・サイズ・受付可能時間・授与場所」

スポンサードリンク

京都 龍安寺の御朱印帳袋の「種類・値段・サイズ・受付可能時間・授与場所」

この京都 龍安寺には一般の神社やお寺のように御朱印や御朱印帳、そして「御朱印帳袋」が販売されています。

御朱印帳袋とは、御朱印帳を収納するための袋で一般的には御朱印帳が収まるサイズの巾着袋が通例です。

以下では京都 龍安寺の御朱印帳袋についてご紹介しています。

京都 龍安寺の御朱印帳袋の種類・値段・大きさ(サイズ)

龍安寺の御朱印帳の種類は全部で2種類あります。

2種類ありますが、色目や袋のデザインが異なるだけでサイズは同じです。

”つくばい”のデザインの御朱印帳袋

御朱印帳袋の中央に「つくばい」のデザインが施されています。カラーは全部で4色展開で「黒色」「緑色」「青色」「桃色」の4色です。

尚、「つくばい」のデザインは4色とも同じです。

つくばい”の御朱印袋の値段・サイズ

  • 値段:1500円
  • サイズ:タテ21㎝×ヨコ15㎝

”さくらの花ビラ”のデザインの御朱印帳袋

「桜の花ビラ」がデザインされた御朱印帳袋です。こちらの御朱印帳袋は京都 龍安寺のオリジナルの御朱印帳袋になるようです。

また、この御朱印帳袋は「巾着袋タイプ仕様」になっています。

カラーは全部で3色展開で「白色」「薄桃色」「薄紫色」の3色です。

”桜の花ビラ”の御朱印袋の値段・サイズ

  • 値段:1500円
  • サイズ:タテ約25センチ横幅が16センチほど(龍安寺さんにの公式ではタテ21㎝×ヨコ15㎝で表記されています。)

これらの御朱印帳袋は、いずれも龍安寺の御朱印帳がスッポリと余裕をもって入るほどの大きさですので、他のお寺や神社の御朱印帳が難なく入ります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






京都 龍安寺の御朱印帳袋の購入できる場所(販売場所)と売店の営業時間

龍安寺で御朱印袋が購入できるのは、方丈(庫裡)の中の売店です。

売店の営業時間は龍安寺の拝観可能時間と同じとなっています。

龍安寺の拝観可能時間

3月1日~11月30日:8:00から17:00まで
12月1日~2月末日:8:30から16:30まで

注意点としては、方丈(庫裡)へ入堂するためには、拝観料金として500円必要になります。

拝観券は山門脇の少々スモールな寺務所にて購入することができます。

龍安寺の拝観可能時間

3月1日~11月30日:8:00から17:00まで
12月1日~2月末日:8:30から16:30まで

ただし、龍安寺で御朱印帳を購入して、龍安寺の御朱印を手書きで書いていただくのであれば、上述の拝観時間とは異なりますので注意が必要になります。

龍安寺の御朱印授与可能時間(書いていただく場合)

朱印受付:9:00から16:00まで(都合により早く締まる場合があり)

京都 龍安寺へのお問い合わせ先

  • 住所:〒616-8001 京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
  • 電話番号:075-463-1036

 

【補足】使用しなくなった御朱印帳袋は他のモノを入れても良い??

基本的に御朱印帳袋は1度購入すると、袋が破れるまで使用するのがもっともな使用方法だといえます。しかし現在は御朱印ブームということもあり、様々なデザインの御朱印帳袋が販売されています。

そんなことから中には次から次へと御朱印帳袋を買い換える方も多いと思われます。そして買い替えた後には以下のような疑問が出てくるのではないでしょうか?

「今まで使用していた御朱印袋の新たな使いみちとして、他のモノを入れても良いのか?」

これについては賛否両論あるようですが私はこうしています。

寺院や神社で授かったオリジナルの御朱印帳袋に、他にモノを入れて使用するというのも何か無碍(むげ)に扱っているようで、大変バチあたりな行為をしている気がして気が引けます。

かといって通販サイトなどで購入して御朱印帳袋なら、他のモノを入れて良いのか?
・・といった話にもなってきます。

そこで1つの御朱印帳に対して1つの御朱印帳袋を充てるように定めます。

欲しっすぅぃ~デザインの御朱印袋が見つかっても我慢!

その御朱印帳に朱印をいただくスペースがなくなれば、次の御朱印帳を新たに購入して御朱印帳袋も購入する。

そして朱印をいただくスペースがなくなった御朱印帳はその御朱印袋に入れて保管する。

こうすれば御朱印袋を粗末に扱うことなく、次の御朱印袋を購入することができます。

他に「御朱印帳袋のみを保管しておく方法」もありますが、神社やお寺で授かった御朱印帳袋なので、使用せずそのまま放置というのも何だか気が引けます。

以上の点から踏まえるとやはり、1つの朱印帳に対して1つ朱印袋を使い続けるというのが賢明な選択肢といえるのではないでしょうか?

ただ、この疑問を龍安寺の売店の方にお聞きしたところ、以下のようにおっしゃっておられました。

「御朱印帳のサイズに合わせて作った袋ですが、サイズが合うものであれば他の用途に使用していただいても問題はございませんよ。」

とのことです。案外あっさりとした回答でした。

あとは、あなた次第です。それでは。オホ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ