【通販でも購入可能?】京都・仁和寺の御朱印帳・御朱印帳袋の種類(サイズ)・値段・購入場所など

スポンサードリンク

【通販でも購入可能?】京都・仁和寺の御朱印帳・御朱印帳袋の種類(サイズ)・値段・購入場所など

すでに当サイトの別ページ「仁和寺の御朱印の種類・一覧」でもご紹介したとおり、仁和寺では、多数の御朱印を授与しています。

多数の御朱印を一度に授与していただくとなれば必要になってくるのは御朱印帳です。

しかしご安心を。

この仁和寺では御朱印の数に比例するかのごとく、御朱印帳も多数用意されています。

以下では、仁和寺の御朱印帳の種類(サイズ)、値段、購入場所についてご紹介しています。

京都・仁和寺の御朱印帳の種類(サイズ)

仁和寺には以下の4種類の御朱印帳が販売されています。

画像引用先:真言宗アムロ派・・御室派!!仁和寺

 ピンク色の御朱印帳

仁和寺を代表する見どころとなる「御室桜」を表現したピンク色の御朱印帳になります。

値段:1200円
サイズ:縦寸:16.2㎝/横寸:11.2㎝
材質:布貼り
仕様:蛇腹式
販売場所:御殿内の売店

 「仁王門」がデザインされた御朱印帳

もう1つの仁和寺を代表する見どころとなるのが仁和寺の正面入口であり、仁和寺を守護する重要文化財・仁王門(二王門)です。

その二王門がデザインされた御朱印帳になります。

値段:1200円
サイズ:縦寸:16.2㎝/横寸:11.2㎝
材質:布貼り
仕様:蛇腹式
販売場所:御殿内の売店

 赤色の御朱印帳

皇室のみ使用が許された「十六八重表菊紋」が中央にデザインされた御朱印帳になります。

かつて仁和寺は法親王が代々、住職を務めた歴史を証明するかのごとく、皇室のみに使用が許された家紋「十六八重表菊紋」がデザインされています。

値段:1000円
サイズ:縦寸:18.2㎝/横寸:12.2㎝
材質:布貼り
仕様:蛇腹式
販売場所:御殿内の売店

 十六八重表菊紋の御朱印帳「青色」

上記の赤色とデザインはまったく同じで色違いの青色の御朱印帳になります。

金色で表現された十六八重表菊紋が君のアゴのラインのようにキレイだよ。

値段:1000円
サイズ:縦寸:18.2㎝/横寸:12.2㎝
材質:布貼り
仕様:蛇腹式
販売場所:御殿内の売店


スポンサードリンク -Sponsored Link-






仁和寺の御朱印帳入れ(御朱印帳袋)

仁和寺にも御朱印帳と併せた種類の御朱印袋がありますが、1つ1つ手作りのため現在、販売しているかは不明です。

  • 御室桜模様の御朱印帳袋
  • 白色がかったピンク色の御朱印帳袋
  • 赤色の御朱印帳袋
  • 黒い色の唐草模様の御朱印帳袋

仁和寺の御朱印帳袋のサイズ

縦寸:16.2㎝/横寸:11.2㎝の通常サイズの御朱印帳が2冊入る大きさです。

種類(色目)は上記以外にも用意があるようですので、訪れた際に聞いてみてください。

御朱印帳・御朱印帳袋の販売場所

御殿内の売店
※御室会館1Fの売店では御朱印帳や御朱印袋は販売していません。御朱印は、御殿の他、金堂前の納経所でも授与されています。

仁和寺の売店の営業時間

3~11月:9:00~17:00(受付可能時間9:00~16:30)
12~2月:9:00~16:30(受付可能時間9:00~16:00)

ただし、仁和寺の授与所や売店は割合、キッチリに窓口が閉じられるため(営業が終了)するため、7種類の御朱印をすべてお願いする場合は、やはり最低でも30分前までには授与所に到着してお願いしている必要があります。

仁和寺の御朱印帳や御朱印入れ(御朱印帳袋)は通販で購入できるのか?

仁和寺の公式サイトではお守りや御朱印帳などの授与品の紹介をしており、通販も可能と記載があります。

  • 仁和寺公式サイト通販品:http://www.ninnaji.or.jp/lucky_charm.html

ただし、仁和寺の公式サイト内での注文は付加で以下のような方法でアプローチする必要があります。

仁和寺で通販で購入する際の購入方法

1.授与していただきたいお品と送付先(住所)を記載したメモを用意して、そのメモとお代を現金書留の封筒の中に入れて郵送する。

2.電話にて欲しいお品を伝え後ほど、上記と同じように現金書留でお代を郵送する。

郵送する際の住所と宛先

住所:〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33
宛先:仁和寺拝観課宛

郵送した後、着払いにて仁和寺から注文したお品が送られてきます。

【補足】寺院の御朱印をいただく際は神社の御朱印帳を出すのはダメ??

よくいただく質問ですが、寺院の御朱印をいただく時に神社の御朱印を出すのは本当にダメなのでしょうか?

結論から申せば、これは寺社によって見解が異なります。

すなわち、「分けてください」と言われる寺社もあれば、「別に分ける必要はないですよ」とおっしゃられる寺社もあります。

そして、上記の質問を仁和寺の売店の方へお聞きしたところ、なんと!仁和寺では「特に分けなくても結構ですよ」とおっしゃっておられました。

つまり、神社の御朱印帳を持参しても御朱印をいただくことができるということです。

しかし、御朱印をこれから収集しようとお考えの場合、やはり神社とお寺で分けておいた方が後々の管理がしやすくなり、見返した時に見栄えがよくなります。

これから御朱印を収集しようとお考えの方は是非!神社とお寺用とで2つ御朱印帳を持っておきましょう!

仁和寺以外の御朱印帳の通販・一覧はコチラから

京都・仁和寺へのお問い合わせ先

住所:〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33
電話番号:075-461-1155
定休日:なし(年中無休)
営業時間(拝観可能時間)
3~11月:9:00~17:00(受付可能時間9:00~16:30)
12~2月:9:00~16:30(受付可能時間9:00~16:00)

拝観料:
御殿:大人500円、小中学生300円
霊宝館(期間限定):大人500円、中高生300円、小学生無料
伽藍特別入山(桜開花期間):大人500円、高校生500円、中学生200円、小学生200円
茶室〈遼廓亭・飛濤亭〉(特別拝観):一律1000円
※障がい者手帳を持参時、本人のみ拝観料免除

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ