京都・金閣寺(鹿苑寺)「浄蔵貴所の墓」

スポンサードリンク

京都・金閣寺(鹿苑寺)「浄蔵貴所の墓」

金閣寺の境内のパワースポットその5・【浄蔵貴所の供養塔】

金閣寺・「浄蔵貴所」の読み方

金閣寺の境内には、漢字の羅列で読みにくい名前の社殿や御祭神が多々あります。

ここ「浄蔵貴所」は「じょうぞうきしょ」と読みます。

金閣寺・浄蔵貴所とは?「浄蔵貴所の歴史・由来」

浄蔵貴所は、平安中期の僧です。

12歳の時に、比叡山で仏門に入りました。

浄蔵貴所は「ものすごい呪力を持った僧であった」と言われています。

様々な言い伝えの中でも、京都の「一条戻橋(いちじょうもどりばし)」の由来になった、死んだ父親の命をよみがえらせたという言い伝えが有名です。

浄蔵貴所の父親は「三善清行」と呼称し、父親が危篤状態であることを知らされると急ぎ実家へ戻ったそうです。

しかし結局、死に目に会うことができす父親を送る葬儀の列に戻橋で出くわすことになります。この時に浄蔵貴所が悲しみのあまりすがるようにして父親の柩に手を触れると、なんと!父親は息を吹き返し生き返ったという話です。

また、浄蔵貴所は日照りの時に雨を降らせたり、八坂の塔(京都・法観寺・五重塔のこと)が傾いた時に、呪力(念力)を持って戻したりするなど奇怪な常軌を逸した力を持っていたようです。

さらに浄蔵貴所は人の病を治すなど、民のために力を使うことも多かったようです。

浄蔵貴所があらがえなかった運命

すごい力を持った浄蔵貴所でしたが、自分の思い通りにいかないことが1つありました。

それは結婚です。

神々の決定によって、彼は自分の意に反して結婚することとなったのです。

妻子を持った後も、彼の呪力は衰えませんでしたが、この様な生活ではお釈迦様のように悟りを開くことはできないと妻子を捨て、逃れるように一人で都を出て修行に励みました。

浄蔵貴所の塚は、願いを叶えてくれる?

浄蔵貴所は死ぬ前に村人たちにこんな約束をしています。

「自分を供養してくれた人々に感謝し、自分の死後も塚に向かって願いごとをすれば、その人の願いをそのままに叶えよう」と。

浄蔵貴所は、都を出たため、その最期を山口県で迎えています。

よって金閣寺に置かれている石碑は、正式な浄蔵貴所の墓とは言えないでしょうが、浄蔵貴所ゆかりのものです。

何か願い事をしてみるとよいかもしれません。

浄蔵貴所と祇園祭の意外な関係

これはあまり知られていませんが、なんと!浄蔵貴所と祇園祭が意外な関係性があったことはあまり知られていません。

祇園祭に登場してくる山鉾の山伏山(やまぶしやま)をご存知でしょうか?

この山伏山こそがなんと!修験者でもあった浄蔵貴所が大峰山に入る時の様子を表現した人形だそうです。

浄蔵貴所自体はそれほど広く認知されていませんが、意外なところで大勢の人の目に触れていたわけです。

京都・金閣寺(鹿苑寺)「浄蔵貴所の墓」の場所

拝観受付からすぐの所に、御手洗いが設置されています。
その女性用の御手洗いの近くには、石碑がひっそりと建っています。
これは「浄蔵貴所の墓」または「浄蔵貴所の供養塔」だと言われるものです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ