京都・金閣寺(鹿苑寺)鏡湖池「漱清(釣殿)」

スポンサードリンク

京都・金閣寺(鹿苑寺)鏡湖池「漱清」

金閣寺・漱清

造営年

不明
推定:1449年(文安6年)以降

建築様式(造り)

切妻造り

屋根の造り

こけら葺き

金閣寺・鏡湖池「漱清」の読み方

金閣寺の境内はおおよそ漢字の羅列で読みにくいお堂などがありますが「漱清」は「そうせい」と読みます。

「漱清」とは?

金閣(舎利殿)を北の方から見ると、金閣と並んで鏡湖池の池中に「小さな屋根の家」が隣接して建てられていますが、これが漱清です。

また、この漱清は鏡湖池に臨んで造られた「釣殿(つりどの)」と呼称される建造物でもあります。

この釣殿(漱青)は、舎利殿の初層である法水院の西側とつながっており、池の上に突き出すようにして建てられています。

漱青と釣殿の役割

釣り殿は寝殿造りにはかかせないもので「西釣り殿」「東釣り殿」がありますが、「釣り」の名前が付されるとおり、池の魚を釣る場所です。

つまり、釣りを楽しむ場所です。

ただ、金閣寺の場合、単に釣殿とせずに「漱青」としていることからも察するように、夏の暑さをしのぐための「涼み殿」としての意味合いが強いと伝えられています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






漱青の歴史・由来

実はこの漱青がいつ頃からあるのかは定かではなく、かつては当地に「厠(かわや=便所)」があったと云われていまする。

その厠を撤去して造営されたのが、この漱青です。

ただ、1650年頃(江戸時代前期)に金閣寺境内にて割と大規模な改修が執り行われており、このときに造営された説も残されていまする。

金閣寺の「鏡湖池」と「舟」

義満の時代には、鏡湖池で舟遊びを楽しんでいたと言われています。

「漱清」は、金閣の船着き場の役目も果たしていたと考えてよいでしょう。

尚、「漱清」の床下は舟が停泊する場所になっており、ここには「夜泊石」と呼称される石が4つ置かれています。

鏡湖池・夜泊石に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

関連記事: 京都・金閣寺(鹿苑寺)「夜泊石」

金閣寺・鏡湖池「漱青」の構造

「漱青」は三角の屋根を持ついわゆる「切妻造(きりづまづくり)」の建物です。

壁は無く、床、柱と屋根で出来た吹き抜けの小屋です。

金閣寺・鏡湖池「漱清」が見られるのは北側のみ!

「漱清」は金閣の西側にあるため、北からしかその姿を見ることはできません。

本殿から金閣、鏡湖池を臨んでも「漱清」が隠れてしまっているのです。

教科書やガイドブックによく見られる金閣も正面から撮っているため、なかなか「漱清」は写っていません。

「夕佳亭」のある高台からも見えにくくなっているのです。

金閣の北を通り過ぎる時に、ぜひ見ておきましょう。

その他、漱清の関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ