京都・金閣寺(鹿苑寺)「金閣寺納豆」

スポンサードリンク

京都・金閣寺(鹿苑寺)「金閣寺納豆」

金閣寺納豆1

「金閣」の菓子の中に金閣寺・・納豆??

茶所や境内売店で購入できるお茶菓子に「金閣」というものがあります。

これは菓子屋「千本玉寿軒」が作る金閣寺限定のお茶菓子ですが、「金閣」の餡(あんこ)の中には「金閣寺納豆」が入っています。

お菓子に入っているのですから、甘納豆かと思いきや、食べてみるとその塩味に驚かされます。

この「金閣寺納豆」は、塩味の強い塩辛納豆の一種なのです。

塩辛納豆は、宋に渡航した僧たちによって日本に伝えられました。

つまり、一休さんで有名な「一休禅師」が伝えたとも言われています。

この塩辛納豆は寺でよく作られ「寺納豆」とも言われています。

金閣寺納豆02

「納豆」と「お寺」

古来から、殺生をゆるされない寺では、塩辛納豆は貴重なタンパク源として重宝されていました。

各地の寺、特に禅寺ではその寺ごとに寺納豆が作られていたのです。

今でも寺納豆の文化は残っており、有名なのは、京都大徳寺で作られている「大徳寺納豆」です。

大徳寺納豆その他にも一休寺納豆や、浜松市の大福寺納豆などがあります。

納豆は貴重な「お寺の保存食」

寺納豆は夏ごろに作られます。

まず、「茹でた大豆」を麹を使い発酵させます。

それに塩水を入れて混ぜ合わせたものを乾燥させます。

乾燥したものを今度は一粒ずつ手で分けていきます。

夏に作り始めて、出来上がるのは10月頃です。

塩辛くも香ばしい味わいは、大豆の粒が残った味噌のようなものです。

長期間保存することができ、さらに栄養価も高い食品です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ