京都・金閣寺(鹿苑寺)「白蛇の塚」

スポンサードリンク

京都・金閣寺(鹿苑寺)「白蛇の塚」

京都・金閣寺・白蛇の塚

金閣寺・「白蛇の塚」の読み方

金閣寺・白蛇の塚の読み方は、「はくじゃのつか」と読みます。

金閣寺・「白蛇の塚」の歴史・由来

「龍門の滝」から階段を上がっていくと、左手に大きな池・「安民沢」が見えます。

「安民沢」のド真ん中に浮かぶ「島」には「1つの石塔」が建っています。

この石塔が「白蛇の塚」です。

遠くから見ると白い大蛇が立ち上がっているように見えなくもありません。

よくよく見ると、これは五輪の塔になっています。

「白蛇の塚」の「五輪の塔」って何?「五輪の塔の本当の意味」

「五輪の塔」とは、実は、主に「仏教の供養塔や墓塔のこと」をいいます。

金閣寺・白蛇の塚01塔を見ると「丸い石」や「四角の石」「三角の石」が何気なく積み重なっていることに気がつきます。

実はなんと!これには1つ1つ意味があるようです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






白蛇の塚・五輪の塔の「石の形の意味」

  • 四角の石は「地」
  • 丸い石は「水」
  • 三角の石は「火」
  • 半月の石は「風」
  • 1番上の小さな玉は「空」

・・以上をそれぞれイメージして造立されています。

これらの石は、仏教の五代要素である「地」「水」「火」「風」「空」をそれぞれ表現していると云われております。

「西園寺家」と「白蛇の塚」

この「白蛇の塚」は、鎌倉時代に建てられたものだと言われています。

鎌倉時代の金閣は、ご存知、西園寺家の邸宅であり庭園でした。

西園寺家は、鎌倉時代に権勢を誇りますが、やがて鎌倉幕府が倒れるとその権勢を失っていきます。

そして、邸宅と庭園の持ち主は、室町幕府の創始者の系譜を持つ「足利家」へと移り変わっていきます。

以上のことから、この「白蛇の塚」や「安民沢」は、鎌倉時代に西園寺家が権勢を誇っていた名残りの1つとも言えます。

「白蛇」は「弁才天(弁財天)」の使い?!

「安民沢」の前には、木製の案内板が立っており、この案内板にはこのように書かれています。

白蛇は弁才天の使い(神使)なり
弁才天は智慧(ちえ)・弁舌(べんぜつ)・芸能・福徳を与える神で家運を盛んにしてくれます

つまりこの白蛇はもともとの所有者である、西園寺家の家運を盛んにする、言わば守り神のようなものであったということです。

金閣寺・白蛇の塚のお椀とコイン(小銭)

白蛇の塚の周りを見回すと、まだ目に止まるものがあります。

それが「石像」と「お椀」です。

金閣寺・白蛇の塚この「石像」と「お椀」の周りをよく見ると、「小さな石ころ」がたくさん散りばめられていることに気がつきます。

そして、驚くことになんと!お椀の周り「小さな石ころ」は、よく見ると「お金(硬貨)」であることにも気づきます。

つまり、「石像」の前に置かれたこのお椀は「お賽銭入れ」であり、お椀を狙って投げたコインが的を外れ、やがて蓄積されたものが「小さな石ころ群に見える」と言ったことになります。

ちなみに、このお椀から2、3メートル離れた場所からお金(コイン)を投げ入れて、見事お椀に入ると、弁才天さまが1つだけ願いを叶えてくださると云われているそうです。

しかし、この散りばめられた小銭たち、実際に近づけば分かりますが・・ものスんゴイ量の小銭です。

白蛇の塚の場所

白蛇の塚は龍門の滝と夕佳亭の間に位置する安民沢の中に位置します。

尚、安民沢に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

京都・金閣寺(鹿苑寺)「安民沢」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ